カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
オリジナルワインラベル 

三光正宗≪岡山県≫

.三光正宗株式会社

エピソード

酒造展示場学芸大学(東京)で酒屋を営む私の後輩から岡山県新見市に旨い酒蔵があると聞き紹介され訪ねてみたのが三光正宗株式会社でした。
車窓から映る幾つもの清流と木々に囲まれた山々を抜けると新見市が在ります。
まずは四代目に当たる宮田恵介氏の案内で山間にある契約栽培しているお米を見、次に蔵に行くと昔の蔵がそのままの形をとどめたお洒落なミニ酒造展示場2イベントスペースがある酒造展示場があります。
今は数少ない備中杜氏の話を聞きながら大きな蔵の中を歩くと伝統の重みがひしひしと伝わってくるその中で昭和48年製造の樽を発見しました。
この蔵元には大吟醸を実験台にしてしまう研究肌の三代目社長が、日々努力した結果の逸品”古酒32年物“が静かに眠っています。
酒造展示場3日本酒の32年なんて聞いた事無く、飲ませて頂くと得も言えぬ素晴しさ〜琥珀色の芳醇な香り、口一杯に広がる甘み、飲んでしまうのが勿体ない旨み〜・・・生きててよかった!と思える程の味でした。
この他にも“きび”を使った焼酎等、大切な人にあげたい名匠がかもし出す岡山備中の味 “三光正宗“のお酒がここにあります。

取材:フードネットジャパン店長 盒蕎伴 店長日記
(兼 横浜市中央卸売市場販路開拓アドバイザー)

三光正宗株式会社について

三光正宗の蔵名の由来は「月・日・星」と鳴く三光鳥が住むといわれている三光山からいただき、大正2年アメリカから帰ってきた初代宮田重五郎がこの地に酒蔵を興したのが創業の始まりである。
当蔵では、地元産の永谷農法で特別に契約栽培したお米を使用し、酒造歴50年以上の“現代の名工”にも選ばれた備中杜氏の指導のもと、熟練した備中流の蔵人たちが丹精こめて酒造りに勤しんでいます。
高原の山々に囲まれ、清澄な空気と仕込み水、良質の原料米、「三光正宗」は酒造りの条件に恵まれた土地にあります。

商品一覧

三光正宗 純米吟醸
三光正宗 こめ焼酎「粋」43度

ページトップへ