カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
オリジナルワインラベル 

越冬袋掛みかん≪熊本県≫

越冬袋掛みかん

夢味(ときめき)

日本一のみかん

熊本は天草の苓北町に名だたる逸品、日本一のみかんがあります。
その名は「越冬袋掛みかん 夢味(ときめき)」です。
天草の北西部に位置し、暖かな気候に恵まれたこの地に寒気が吹く11月末 冬越えの為、興津早生完熟みかんを一つ一つ丁寧に袋をかぶせる作業が始まります。
この袋を掛ける事により寒さや鳥の被害を受ける事なく、甘く糖度の高いみかんが出来ます。普通のみかんは霜が降りる前(年内)に収穫・出荷してしまうのに対し、木成り完熟みかんは、一個一個に袋をかけ年を越すまで木で完熟させ糖度を高めます。
農家の皆さんが手間を惜しまず育て上げたみかんなので、通常のみかんよりお値段は高めになってしまいますが、その甘さとコクは食べたら納得です。
小さなみかんで、驚くほど甘くコクのあるみかんです。

越冬袋掛みかん 夢味(ときめき)

大事に育てられた「越冬袋掛みかん 夢味(ときめき)」は、JAれいほくで管理・統括され厳正な品質チェックを受けた後、フードネットジャパン用に「特別厳選された品物」をお客様のもとへお届けいたします。
販売期間が1月中旬〜1月下旬と短く希少で高価な商品の為、市場でも数が少なく中々手にする事が出来ません。
一度食べたら「今までのみかんは只の柑橘類だった!」と言わせる日本一のみかん!
これが「越冬袋掛みかん 夢味(ときめき)」です。

苓北町「夢味」袋掛けみかん栽培状況

袋掛け夢味(ときめき)袋掛け2

袋掛け…味を乗せるためマルチをしてシャットアウト。雨を傾斜地で排水が良いと味も向上上部の果実は除去下側中心に結実させている。

収穫を待つ

袋掛けを終わり、1月からの収穫を待つ。

腰を屈めて収穫夢味(ときめき)腰を屈めて収穫2

収穫状況…樹冠下内側中心に腰を屈めて収穫するため作業は大変。

取材:フードネットジャパン店長 盒蕎伴 店長日記
(兼 横浜市中央卸売市場販路開拓アドバイザー)

大切に育てて夢の味「越冬袋掛みかん 夢味(ときめき)」

お菓子のようなおいしさ

「越冬袋掛みかん 夢味(ときめき)」は郷土苓北町の日差しをいっぱい浴びており、興津早生完熟みかんの中でも糖度の高い小玉を中心に、11月下旬に袋掛をして、通常より一ヶ月ほど長く樹にならせ完熟、越冬させることによって更に甘さが増したみかんです。 
まるで、お菓子のような甘さは、芸能人からも直接注文が来るほど大人気。1個食べたら止まりません。
そして、何よりも皆様に安心して召し上がれる様に、安全・安心な栽培に取り組んでおります。

商品一覧

  越冬袋掛けみかん 2S 3kg

                                     

ページトップへ