カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
オリジナルワインラベル 

伊達醸造≪鹿児島県≫

伊達醸造

エピソード

雄大な桜島の地雄大な桜島の地、鹿児島に日本で最も古く今でも昔のまんまゆっくりと酢を造っている小さな町福山があります。
夕日の錦江湾に向かって数千本の酢ガメが並ぶ景観は圧巻である。
”福山の酢“はあまりにも有名だが、その中でも伊達醸造は老舗中の老舗で文政の味を伝承している醸造会社である。
地元の人に聞くと昔は酢を手土産に祝い事等に出かけたそうで、とても大切な嗜好品であったとの事。天然素材を使用した酢は香り・色・味・共に素晴しく、やはり“福山の酢”である。
又、鹿児島の醤油は甘く最初はビックリ!したが、お刺身で食べるとこれがなかなかイケるではないか・・・・・イヤ お刺身はこれだな! そんな本場、鹿児島の味を是非 食して見て下さい。

取材:フードネットジャパン店長 盒蕎伴 店長日記
(兼 横浜市中央卸売市場販路開拓アドバイザー)

合資会社 伊達醸造について

酢ガメ今から約200年位前、文政年間に、ここ福山の地で酢造りが始まったと伝えられています。
四季温暖で日中寒暖の差が少ない地形は、酢造りの為に全ての条件を満たし、その恵まれた風土に伊達醸造があり春四月と秋十月の二回、酢造りの仕込みを行います。
水の麹と蒸した米を酢ガメに入れ、水を張りその上に麹を浮かばせ、百六十日位畑に置いて米酢の醗酵が行われます。
アマンツボ畑の風景が町のあちこちで見られる五月、風に乗った酢の香りが福山の地を包みます。

商品一覧

    伊達醤油 さしみ  

さしみ醤油(ポリ容)
    \580

   (1000ml) 

ページトップへ