カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
オリジナルワインラベル 

南信州ビール≪長野県≫

南信州ビール

エピソード

南信州ビール中央高速を駒ヶ根ICで降り右に曲がって進むと橋があり渡り切った所をまた右に曲がって行くと大きな森、清流のせせらぎ、澄んだ空気の中に南信州ビールの洋舎な建物が見えてきます。
ヨーロッパの雰囲気をかもし出すこの建物で権威あるジャパン・ビアグランプリ2000,2003に金賞、銀賞の銘品が生まれました。
優しい人柄で仕事熱心な竹平所長は、どうしたらお客様に良いものを出せるか毎日考えている研究者の方です。
商品の良し悪しは、造り手で決まると言います。 アルプスの雪解け水、徹底した品質管理、環境、造り手・・・・・・・・ゴールデンエールやアンバエール等”旨い“と言わせる銘品が出るのも不思議ではありません。
アルプスの雪解け水また、此処ではゼロ磁場の”気の里“と言われる地下水を使用したビールもあり、これら逸品シリーズを一口、口に含むと芳醇な香りの中に大自然のさわやかさ、木漏れ日の安らぎ、時間がゆっくり流れる、そんな全てが凝縮されています。
“大切なひととき“の相棒として飲みたい一杯です。

取材:フードネットジャパン店長 盒蕎伴 店長日記
(兼 横浜市中央卸売市場販路開拓アドバイザー)

南信州ビール株式会社について

南信州ビール駒ヶ根醸造所は、中央アルプス駒ヶ根山麓 標高約800mに位置する大自然の中マルスウイスキーの工場(本坊酒造信州工場)内に有ります。
アルプスの雪解け水を豊富に含んだ地下120mより汲み上げた良質の地下水を使用し、エール系の多彩なビールを醸造しています。

ジャパングランプリ
  • ジャパングランプリ2000 金賞 ゴールデンエール
  • ジャパングランプリ2003 金賞 アンバーエール
  • ジャパングランプリ2003 銀賞 ゴールデンエール
  • ジャパングランプリ2003 銀賞 駒ケ岳ビール

商品一覧

ページトップへ