カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
オリジナルワインラベル 

三井の寿≪福岡県≫

三井の寿

エピソード

三井の寿福岡県大刀洗町に名だたるお酒を造る蔵があります。
銘酒『三井の寿』の井上合名会社は、今でも全てのお酒を蓋麹という小さな道具で麹を造る、そんな酒造りを頑なに守っている蔵です。
偉大な先代を父に持ち、山廃の祖 農口杜氏の技法を継承した四代目の井上宰継専務が、熟練された蔵人たちと共に伝統を守り、蔵元杜氏となった今では福岡を代表する酒蔵として大きな役割を果たしています。
先日、専務にお会いする機会がありました。
サラリーマンから家業を継ぐ事になった若き36歳の蔵元杜氏とのお話は、楽しく時間のたつのも忘れてしまう程です。
「自分が杜氏だから冒険ができます」・「仕込みに入る時は怖いです」・「弟が居てくれて助かります」等、一歩も二歩も下がった物腰の中に越えられない父親を超えようとする一生懸命さが業界でも注目されているのではないでしょうか。

蓋麹

ここの特筆すべき点は、やはり、70%の純米も通常は、大吟醸の出品酒しか使わない一盛りの蓋で麹を造っていると言う事や大吟醸二本と本醸二本以外、純米酒しか、造っていない点です
土壌、気候に恵まれた糸島の山田錦、古くから伝来する水、そして自社酵母、これらが一体となって蔵人たちの手により酒通もうなる銘酒が出来上がっています。
こうして造り上げた吟醸、純米、及び山廃等は個別に一升瓶に瓶詰めされ瓶燗火入れされた後、低温庫にてそのまま貯蔵し熟成を待ちます。
熟成の頃合を見て出荷されるという、より良い酒造り、そして醸造過程と同様に熟成管理にも重きをおいて日本酒本来の旨みを追求していく地酒『三井の寿』の姿勢が飲む人の心を打ちます。

熟成管理

取材:フードネットジャパン店長 盒蕎伴 店長日記
(兼 横浜市中央卸売市場販路開拓アドバイザー)

蔵に活きる酒

三井の寿大正十一年の創業以来、一貫して地元福岡の酒米と水、自然の力を最大限にいかし本物の地酒造りにこだわり続ける蔵です。
福岡、糸島の農家で大変な手間をかけて栽培された酒米・山田錦を丁寧に自家精米し自家培養酵母と蔵に棲む乳酸菌に力を借りて丹精込めて醸した育てもと。
より良い酒造り、そして醸造過程と同様に熟成管理にも重きをおいて日本酒本来の旨みを追求していくことを目標に精進しています。
福岡の酒を心ゆくまでご堪能ください。

稲

商品一覧

ページトップへ